02/24のツイートまとめ

    fxa05dex

    豪勢?にまぁランチメニューなんだが https://t.co/qSyVQfq7DP
    02-24 13:13

    河津桜?もう、ちょっと散ってる https://t.co/m1JwwVzIqF
    02-24 09:43

    |2017/02/25(土) 04:17:31 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    資産運用3


    さてさて、3回目である、資産運用のお話。

    ここまで、3行いったが、最初のヤツだけが、まぁいいかなぁと思っただけで、なんとも確率がよくなかった。
    ということで、口座はもっていないが、近所にある銀行に手当たり次第、アポなし突撃をかけてみた。

    まずは、某信用金庫。
    信用金庫は中小企業相手、というイメージだったのだが、個人でもOKだということで、話を聞いてみた。

    ここも年金保険?っぽいものを勧められた。
    だが、米ドル、豪ドル建てというもの。
    しかも、初期?手数料がほかのところよりも高い。
    ということで、申し訳ないが、あまり頭に内容が入らなかった商品であった。

    お姉ちゃんは親切でなかなかだったと思うのだが、指輪が光っていたので・・・・
    まぁそれもありっちゃありか・・・・・(爆)


    さて、次に行ったところは、某メガバンク。
    #CMに起用されてる女優はあまり好きではない

    ここは、他のところとは毛色が違うのか、「外国債」を勧められた。
    債券?にもいろいろな種類があるっぽく、その中でも「ゼロクーポン」というのを勧められた。
    通常、債券は利金があるのであるが、ゼロクーポンはその名の通り利金がゼロ。
    えっ儲けがないのに、何の得が・・・と思いきや、額面金額より低い単価で買うことができるので、その分が儲けということになるらしい。

    ふ~ん。

    で、銘柄?一覧というのを見せてもらったのだが、
    まぁ確かに、利率は零である。
    しかし、利回りという欄は通常?の債権より高かったりするのである。
    おぉこれは結構よい商品なのか?と思ってしまった。

    が、なんと!


    いろいろと説明などを聞いて、いざ!というときになってみると

    「実は、もう売り切れちゃってしまったようで・・・・」

    えっ~
    なんで、そんなものを勧めるなよな。
    とも思ったし、
    あぁ、早く買わないとなくなっちゃう、という危機感を植え付けるためにやったのかも。
    とかうがった見方をしてしまったのである。

    まぁここのお姉ちゃんはオレの好みではなかったことは付け加えておこう。
    さらに、営業向きではないかな、とも思った。
    というのも、なんか途中で面倒くさそうな態度と思えるようなしぐさがあったりしたので。
    他の銀行のお姉ちゃんたちは、たとえオレのような面倒な客相手にも「スマイル0円」全開だったので、それと比べるとという意味である。

    まぁ評価できるのは、接客時にコーヒーが出てきたことくらいか・・・・

    |2017/02/24(金) 14:33:52 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    うなぎ屋にて

    昨日のくそ老害でちょっと昔のことを思い出した。

    某うなぎの有名な地域で某うなぎ屋に行った時のことだった。
    ランチ時だったので、客も結構多くて、店員さんも大忙しだった。

    席も相席でオレの正面に年を召した紳士?が座ったのである。

    オレの方が先に来店して注文したので、当然オレの方が品物が出てくるのが早かった。
    その後すぐそのシンシ?の分も運ばれてきた。

    目の前だったので、その男の手元が見えていたのだが・・・・・
    うな重のふたを開けたら、蓋にメインのウナギがちょっとくっついていたようで、
    ふたを持ち上げると、
    ぽろっ!
    っと、器の外側にこぼれてしまったのである。

    すると、その老人は、店員を呼びつけ。





    「蓋にくっついていて、ウナギが落ちたので、新しいのに取り換えやがれ!」

    はい、老害認定しました。

    店員のおばちゃんは最初何を言っているのか理解できないらしかったが、
    「しかたね~な」
    ってな感じで、お盆ごと下げていった後、しばらくして新しいのを持ってきた。

    こぼれたウナギを乗せ換えて、そのまま出してやればいいのに、と思った次第でった。
    事実はどうだったであろうか。

    こないだのロウガぃとこないだの某民進党のクイズ王のかぼちゃ天ぷらのエピソードがオレのなかでシンクロした瞬間であった。

    |2017/02/23(木) 10:48:24 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    クソ老害



    こないだ某金融機関に行っていたときのこと。
    窓口で老害が叫んでいた。

    どうやら、
    子供名義で何かをしようとしていたらしく、行員に
    「それって法律に違反しますから、できないんですけど、〇〇すれば良いんですが・・・・」
    みたいに言われたっぽく

    老害は
    「できる方法があるなら、なんで俺が犯罪者みたいに扱われるんだ!」
    「法律違反なら警察呼んでみやがれ!」
    と叫んでいた。

    |2017/02/22(水) 12:48:03 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    資産運用2


    さて、昨日の続きの資産運用のお話である。

    次に行ったのは、某メガバンク。
    ここでも年金保険っぽいものだった。

    だが、先の銀行よりリターンが少ない感覚だった。

    前のところは、ターゲットを110%だとすると、シミュレーション値では5年ほどで目標を達成するというもの。
    しかし今回のものは、5年後では100%にしかならず、110%を超えるのは20年後ということらしい。
    まぁ運用実績とかで変わるのだろうから、一概にはどちらが良いとか言えないのかもしれないが、
    直感的に「後者はないな」と思ったのだった。

    まぁ窓口のお姉ちゃんがそれほどオレのレーダーに反応しなかったというのもあるかもしれない。


    さて、さらにその次に行ったのも某メガバンク。
    ここでは、ちらっと「外国債券」の話も出たのであるが、
    あいにく、売り出し中のものがないらしく、最終的には年金保険の話で落ち着いた。

    だが、ここもさらに商品の内容が違うくて、「外貨建て」というキーワードが出てきたのだった。
    つまり、米ドル、豪ドルで預け入れをしなければ、ならないというものらしい。
    つまり、通常?の手数料以外にマネーチェンジをするときの手数料が発生し、為替によって変動するというものだ。

    なんだか外貨ってその手数料がもったいないとか為替がどうなるかわからないから危ない
    というイメージをもっていたので、なんだかあまり乗り気にはなれなかった。という事実は記載しておこう。

    しかも勧めてきたのは「豪ドル」ものだったので、なおさらである。
    米ドルはニュースとかで耳に、目にしたりするので、なんとなく動きというのは認識はしているものの
    豪ドルなんてのは、いままでほぼ気にしたこともない。

    豪って国のイメージもオレはあまり良い方ではない。
    シーシェパードとかいう団体もいるので。




    だが、ここの窓口のお姉ちゃんはなんとなくかわいいのである。
    誰に似ているか?と問われると・・・答えを見いだせないのであるが。

    |2017/02/21(火) 07:16:16 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    資産運用

    今年に入ってから(若干昨年末にもやったが)資産運用について、勉強がてらいろいろな金融機関めぐりをやっている。
    というのも、実家のある某地方銀行でその昔定期預金にしていたものが満期を迎えて、ある程度まとまった金が手に入ったからである。
    さらに年1回ほどしか帰らないところの銀行より、今住んでいる近くの銀行に変えようと思ったことからこの活動が始まったのである。

    資産運用と一口にいっても、株とか投資信託とかいろいろな種類があるとは思うが、今までほとんどノータッチだったので、知識は皆無である。
    とはいえ、以前、株主配当目当てで株をいくばくか買ったことはあったのだが・・・

    さて、まずは金融機関選びから、と思い、すでに口座を持っている銀行が3つあったので、そこに向かったのであった。

    最初は、某地方銀行。
    #いぜん「はまさきまお」とネタにした銀行である。
    ここにはホントに無知識で言ったので、いろいろと頓珍漢な質問などもして迷惑もかけたかと思うが・・・

    ここでは、‘年金保険’を勧められた。

    話のスタンスとしては
    ・定期預金(円定期)だと利率も低いから、もうちょっと増えたらいいなぁ。
    ・株とか投資信託とかは「買う」「売る」タイミングが全くわからんので、もうちょっと手間を省きたいなぁ。
    ・期間は特に考えなくてもよい(すぐさま使う当てがないので、中長期で運用を考える)

    まぁ楽して稼げるものはないかという安易な考えであるのだ。

    勧められた年金保険は簡単に言うと
    預けた金額のn%増しなったら、その時点でお金が戻ってくる
    というもの。
    「ターゲット型」というらしい。

    どこで、何で、運用するのか?
    その配分はどうするのか?
    手数料はいくらか?
    など、各社いろいろあるらしいのであるが・・・・

    まぁリスクとしては、
    ・プロの運用が失敗した場合に、目標値に届かないこともある。
    ・途中で解約した場合に元本が割れてしまうこともある
    ・手数料が高い?
    とかいろいろとあるようである。

    この時は気にも留めなかったのだが、他の銀行等で聞いた話を総合すると、「円建て」というやつだったようだ。

    |2017/02/20(月) 10:10:03 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    契約書?の原本


    某マンスリーマンションにて賃貸物件を契約した時のことだった。

    支店?地域の物件であれば、それなりに詳しいのだろうけど、オレが住みたい地域は遠く離れた場所であった。
    まぁオレの出した(ムリな)条件を考慮しつつ、いろいろと検索などをして
    それらしい物件を導き出していただいたことは感謝したいと思う。

    で、契約方法も、どうやら面倒くさかったらしく

    というのも、すご~く昔に、このマンスリーマンションを使ったことがあり、1か月分の費用として使えるチケットが残っていたからである。

    今回の利用が1か月であるなら、それほど問題もなかったのかもしれないが、複数か月だったため、
    1か月はチケットで、残りは通常?料金で。
    という面倒なことになってしまった。

    で、契約書書くのも2倍の手間。
    当然、処理も2倍の手間がかかってしまったのだろう。

    まぁその辺は申し訳なかったとも思うのだが、
    無事契約を終わって帰ってきてから・・・・・



    翌日のことである。
    突然電話が鳴った。

    「え~一部書類で原本をお渡ししていることがわかったので、お店まで送ってね!」
    ということらしい。

    えっ、こっちから送るって、切手代かかるじゃん。
    と思ったのだが、
    先方はすかさず
    「切手を貼らずに・・・・」

    あぁ切手を貼らなければ、着払いみたいになるのかなぁ・・・とかも思ったんだけど
    #いや、差出人にオレの住所とか書いてたら、送り返されそうなんだが、大丈夫なのか?
    と、契約書?の一部なんだろうから、通常郵便ではなく、書留とかで送らんとまずくないかなぁ・・・・とかも思うのだが。

    まぁでもよく考えれば、封筒代とかもかかるわけだし・・・と思っていたら、

    「こちらで持っているコピーと一緒に封筒と切手を送りますので、
     それに入れて返送してください」

    まぁそれが当たり前なんだと思うのだが。




    が!
    送ってきたのは1.5枚分。
    送り返せというのは4枚分。

    あれっ?

    確かに同じような内容で2回書いたので、「1つでいいよね?」という考えかもしれないが、

    「いやいや、あんた控え見せてよ!
     一つしかなぇじゃん。
     半分の契約しかしてないんだから、1か月分は契約として無効ね!
     とっとと、出てってよ!!」
    とかなりはしないのだろうか?
    そのための控えなのでは?
    なんだか、信用してもよいのか・・・ちょっと不安である。

    |2017/02/17(金) 15:12:22 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    こうすれば受信料を払うようになる?5(完結)


    そのほか。

    ・教育放送
    ‘小学校の理科’とか‘高校受験のための数学’とか‘ただしい歴史観’とか、子供のための番組については多少予算を割いてもよいと思う。
    だが、毎年そんなに内容が変わるわけでもないはずなので、毎回作り変える必要もないと思うのである。
    #予算の削減につながるのでは?
    また、学校の授業ではあまりできないような大掛かりな実験とか、地理とかの勉強で実際の場所に行って見てみるとか
    (疑似)体験型のものは大いにありだと思う。


    ・災害等の緊急放送
    当然だが、地震/火山などの災害時における緊急放送は必須で。

    最近の災害報道では民放各社の取材の傍若無人ぶりがひどかったようなので、
    「映像等を無料提供するから、民間は来るな!」
    くらいの勢いでやっていいと思っている。

    あとは重大(と思わる)事件とか。
    #‘あさまさんそうじけん’のようなものだとか
    #‘にっこうじゃんぼついらく’のようなものだとか

    以上述べてきたように
    このくらいの内容であれば、おそらく今あるほどに番組数はいらないはずである。
    その間はどうするのかと言えば・・・・・
    簡単である、放送をしなければいいのだ。
    そうすれば、テレビを見たい人は民放に流れるだろうし、
    そうでなければ、テレビを消すようになる=電気も使わないし、エコだと思うのである。

    もちろんチャンネル数は今までと同じでもよいが、地上波とBSで区別することなく同じものを放送する。
    そうすれば地上波入らない地域は衛星使えばいいだろうし、そもそも衛星の専門チャンネルだけで民放の地上波いらねぇよという人には
    衛星アンテナだけの設置で足りるようになる。

    これで、予算も削減できると思うので、投入されている税金も減額できるだろうし、受信料も(オレ想定の)一人300円/月もかからなくなる??
    職員も仕事量が減るので、給料も減額。つまりは一般サラリーマン並みの給与水準となり批判も少なくなるだろう。

    |2017/02/16(木) 15:02:37 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    プロフィール

    scottie

    Author:scottie
    scottieのブログへようこそ!

    ブログ検索

    カレンダー

    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    メールフォーム

    内容:

    リンク


    このブログは「リンクフリー」です
    許可は必要ありません。
    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム