自動運転

    昨今、老人の暴走運転で尊い人命が失われている事故が相次いでいる。
    もともとあったのだろうけど、ますこみがここぞとばかりに、こぞって報道しているから
    件数が増加したように感じるのだろう。

    さて、どうすればこの暴走運転を阻止することができるのか?

    「免許の返納」をすることによって、そもそも運転することを封印することがある。
    でも地方など車がないと生活できないところもあるだろうし、この選択は難しいものもある。

    では、他には・・・・
    そう「自動運転」をしてくれる車が早く開発されて市場に投入されることである。

    現状で、自動運転の車といえば、
    ブレーキアシストをしてくれるヤツというイメージである。
    前方に壁とか人とかがいれば、運転者がアクセルを吹かしても前に進まない、ブレーキがかかった状態になるのである。
    この先には、本来の意味での自動化が待っていると思われる。
    すでに実験段階なので、近い将来はフル自動運転の車が販売されるだろう。

    まぁ法整備とかの問題に絡んでくるとは思うが、完全に車任せにはできないだろう。
    この車が事故を起こしたときに、責任と補償がかかわってくるからである。

    運転者はいつでも運転できる状態になければならないし、万が一、車が誤った動作をしたならばそれを修正する必要性が出てくるからである。
    なんらかの影響で障害物を検知できなかった場合に、人の判断で車を止めるという動作をするなどのために。

    しかし、逆の場合の誤作動のちょっと特殊な例を考えてみる。
    「カラのレジ袋が飛んで消てセンサー部をふさいだ」という場合だ。
    車は突然、前方に障害物が発生したので、全力で止めにかかるだろう。
    しかし、人間から言えば、ビニールなんて押してまいる!と思って、全力でアクセルと踏むだろう。
    さて、どちらの判断が優先されるのか?

    おそらく急ブレーキがかけられそうである。
    止まったほうが(確率的に)安全そうだからである。

    しかしなんでもかんでも「止まる」ことは安全につながらない。

    ・踏切の真ん中で
    ・高速道路を走行中
    などの場合は、逆に危険であるからだ。

    では、この車の判断をキャンセルする機能が付くのだろうか?
    一旦は止まる(止まりかける)が、運転者がなんらかの操作をすることによって、車の判断を無効にしてしまうような。
    それも危険そうである。
    なんたってポケモンGOで「運転者ですか?」と聞かれて、「いいえ」と答えるようなドライバーだっているからである。


    あぁ何の話かといえば、老人の暴走運転の話だった・・。

    結局はどういう対策をしたって安全な車というのは作れないんだなぁと思った次第なのだ。

    |2016/11/20(日) 12:15:00 |一言日記トラックバック:0コメント:1

    コメント

    初めまして

    ブログ訪問ありがとうございます。

    ブログ拝見させていただきました。
    悲惨な事故は出来るだけ減らしたいものです。

    ブログではオリジナルの楽曲を公開して
    います。お聴きいただければ嬉しいです♪
    今後ともよろしくお願いします。
    |2016/11/28(月) 05:35:44 |URL |fansy #- |編集











    管理者にだけ表示を許可する




    トラックバック

    プロフィール

    scottie

    Author:scottie
    scottieのブログへようこそ!

    ブログ検索

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    メールフォーム

    内容:

    リンク


    このブログは「リンクフリー」です
    許可は必要ありません。
    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム