図書館の対応

    あっ、返却期限、今日までだった・・・
    とあわてて思いだしたのであった。

    何かといえば、図書館で借りた本。
    まぁ1日2日遅れたって・・・・・・
    とか思うのであるのだが、まぁ楽しみにして待っている予約している人のためにも期限を守ろう!!

    でも今日は別件の用事がある。
    なので、通り道の、いつもとは違う館に返却に行くことにした。

    まぁ市内どこの館で借りた本でも、どこの館にでも返却できるって便利ですよね。

    で、返却窓口に行ったら、前の人が返却手続きをしていた。
    窓口のBBAがバーコードスキャナで本に貼られたバーコード情報を読み取っている間、前の客はその場にいた。

    あれぇ~
    いつものところなら、カウンターに置いておくだけで、あとは(適当に)処理してくれるのに
    ここはローカルルールなのかなぁ・・・

    そう思った、というのも、オレがカウンターに返却する本を置いた時に、
    確かにBBAはオレの方に向かって
    「おまちください」
    と言ったからである。

    で、オレは待った。
    まぁ1,2分くらいだっぺ。

    と思っていたのだが、前客の返却処理が終わると同時に、客のBBAがカウンターに近づいてきた。
    「あれこれ、どこに置いてんねん。わからんべさ」
    と館BBAに話しかけた。
    すると館BBAはあろうことか、オレに向かって
    「おまちください」
    といって、客BBAの対応にカウンターを離れていったのである。

    おいおい、オレが先でないの??
    でもまぁここでもオレはキレなかった。
    #隣にいたカウンターのおっちゃんはこっちをチラ見したと思うのだが、自分の仕事が忙しいのかなにも対応しようとしないし・・・

    さて、数分後館BBAは戻ってきて、返却処理を始めようとした時だった。
    ちょうどそのタイミングで別の客が本の返却に来た。
    常連なのか?本をカウンターに置いて、そのまま去っていった。

    あれっ!「おまちください」って声かけないの??

    で、オレは聞いたのだ。
    「オレは待っている必要あったの?」

    たんたんと処理をする館BBAは「いいえ」と・・・

    えっ?!

    「あなた、‘おまちください’って言いましたよね?」
    とオレ。

    「あっ、すいません」

    ・・・もう言葉も出なかった。

    居る必要がないなら
    「ありがとうございました」
    とか
    「処理しときますね」
    とか
    いつもの館であれば、言ってくれるのに、ここはなんてところなんだ。
    同じ市内の図書館でありながら、こうも対応が違うとは。

    たかだか数分の出来事であったが・・・
    この館にはもう二度と行かない。

    |2017/06/16(金) 17:24:06 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する




    トラックバック

    プロフィール

    scottie

    Author:scottie
    scottieのブログへようこそ!

    ブログ検索

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    メールフォーム

    内容:

    リンク


    このブログは「リンクフリー」です
    許可は必要ありません。
    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム