図書館の対応2

    ちょっと思いだしたので、書いておこう。

    それはほんの数か月前の話である。
    住み慣れた?この街を離れ、しばらくバカンスを享受していた時のことである。

    その地の図書館のシステムは素晴らしいものだった。

    図書館カードを作りに行ったときに対応してくれた窓口のお姉ちゃんは可愛かった。
    #まぁそれはおいておいて・・・・・

    インターネットで予約ができる。
    まぁこれは近所の図書館でも同じだから、今の時代、どこでもできるんだろう。

    つぎに
    自分で、機械に情報を読み込ませることで、借りるときに窓口に並ばないでいいのだ。
    まぁセルフレジみたいなものである。
    よくわかんなかったので、使わなかったのであるが。
    もちろん窓口のお姉ちゃんも対応してくれる。

    まぁ予約がほとんどだったから、窓口直行パターンが多かったんだけど。

    つぎに
    借りる、返すときの窓口での処理が迅速?なのである。
    おそらくICチップ?か何かを埋め込んでいるんだろう。
    (コンピュータにつながった?)板の上に本を重ねて置くだけで、複数冊同時に貸借の情報を記録しているんだろう。

    うちの近所は、コンビニのレジにあるようなバーコードスキャナで1冊ずつ情報を読み取っているんで手間がかかる。
    そのせいか、時々ではあるが、借りる窓口には行列ができていることがある。

    人口密度的にはうちの近所の方が高いはずなのに
    なんで、便利(そうな)システムを導入しないのだろうかなぁ・・・・・
    予算か?
    もっと都市部?にある館はうちの近所と比べて人も多そうなのに
    「借りるときに時間がかかる!」とかクレームないのかなぁ・・・
    |2017/06/17(土) 19:53:08 |一言日記トラックバック:0コメント:0

    コメント












    管理者にだけ表示を許可する




    トラックバック

    プロフィール

    scottie

    Author:scottie
    scottieのブログへようこそ!

    ブログ検索

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    メールフォーム

    内容:

    リンク


    このブログは「リンクフリー」です
    許可は必要ありません。
    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム